スポンサーサイト

  • 2013.10.24 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    日焼けの季節ですね

    • 2013.07.01 Monday
    • 14:08

    ご存じですか?

    通常のオイルは時間が経つと酸化してしまうの ですが、
    ココナッツオイルは酸化安定性が高く、
    劣化しにくいため品質が変わりません。

    他のオイルと混ぜると酸化防止剤の役目も 果たします。

    この強い抗酸化力は、紫外線の強い地域で
    育つココナッツ自体が紫外線による酸化から
    自身を守るために備わったものといわれています。

    この紫外線を通さない性質から、
    サンオイル にも使われているのは有名です。

    VCO100はお手持ちのUV乳液に混ぜれば、サンオイルとしても使えます
    好みのSPF乳液とのブレンドで効果的なサンオイルに早変わりします

    SPFとは
    Sun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略で
    紫外線防御指数とも言います。

    UVB波の防止効果を表す指標です。

    紫外線を浴びた際にできる皮膚赤い斑点が
    できるまでの時間を何倍に長く出来るかを表したものです。

    SPF30の日焼け止めを利用した場合、
    赤い斑点が現れる時間を30倍に延ばすことができるということになります。

    具体例でいいますと、
    赤い斑点が現れるまでに20分程度かかる人がSPF30の日焼け止めクリームを塗った場合、
    20×30 = 600分。約10時間程度の日焼け止めの効果が期待できるということになります。

    現在の日本では、SPFの上限は50+となっています。
    測定方法に限界があるため50以上の数値は信用性が低いと言うことで上限が設定されました。
    しかし、実際にははSPFが30以上の製品の効果には代わりがないのが実状のようです。


    ゆりAスタッフ一同。


    スポンサーサイト

    • 2013.10.24 Thursday
    • 14:08
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      selected entries

      recent comment

      search this site.

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << October 2018 >>

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM