スポンサーサイト

  • 2013.10.24 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    良い事言いますね!

    • 2013.08.02 Friday
    • 16:39

    今日を愉しむ為に、
    今週の日曜日は、皆で海に行きませんか? と言ってる人が居ます

    お時間有る人は御立岬海水浴場に集合しましょう
    是非 あた誰を目撃しましょう!

    当日、ゆりAのV.C.O100購入したい方はあらかじめ
    水間社長までご連絡下されば現地でお引き渡しが可能です


    読むたびに心が救われる魔法の名言集!

    愚痴はやめましょう。エネルギーのムダです。時間をもっと建設的に使いませんか。世界のどこが間違っているかではなく、どこが素晴らしいかに焦点を合わせるのです。

    この瞬間には、昨日も楽しめないし、明日も楽しめません。だったら、今日を楽しもうではありませんか。

    古い思い出を大切にしましょう。でも、明日の糧となるような、今日の思い出を作ることも忘れずに。

    できるだけたくさん新しいことをやってみましょう。南カリフォルニア大学の研究者たちは、
    定期的に新しいことに手を出す人は、毎日同じことを繰り返す人よりも幸福度が高く「人生うまくいってる感」が強いことを明らかにしています。

    健康の専門家によれば、深呼吸ほど健康によいものはないそうです。朝、ちょっと手を休めて外に出て、5回ほど深呼吸をしてみませんか?

    目標が達成されるかどうかにこだわり過ぎたり、自分を仕事のみで評価したり、数量的な達成感で判断したりするのは、やめたほうが利口です。一日の終わりには、どのくらい自分がリラックスできて、笑えて、遊べたかで、その日を評価しましょう。
    欲張りすぎにご注意。昇進、モノの所有、お金、人気。欲張りすぎると執着となります。欲張りのしっぺ返しのひとつは、貴重な時間がなくなることです。

    幸せをもたらすのは、富でも輝きでもなく、心の安らぎと打ち込める仕事の存在だ。

    職業選択の際、世間の声に耳を貸してはいけない。自分の内なる声に耳を澄まそう。ここでの決断が、人生の満足度の三分の一を左右する。

    自分にとって真に意味のある仕事をしないかぎり、人は本当に生きたとは言えない。

    高額な給与が、かすんで見えるほど大きな目的を持つことが重要なのだ。

    大切な夢を見過ごしにするのは、今という時間を無駄にするだけではなく人生の最後の瞬間に
    失望と後悔を抱くことにつながりかねない。
    成功とは、どれだけ名声や富を得るかではありません。成功は、どれだけ平安や満足、健康や愛を、この地上で体験できるかで決まります。

    ムキになって競争しないように。人生を充実して生きている人は、人生を他の人たちとの競争だとは考えません。

    同じことを何度もやりながら、違う結果を期待するのは、狂気の定義です。やり方を変えましょう。

    社会の大勢に従わなければならないと、誰が言ったのですか?

    一日の終わりに、自分に尋ねてみましょう。「今日は、自分の人生をより完璧にするために
    何をしただろうか?」

    人生と呼ばれている、謎だらけで予測不可能のシロモノを楽しむ時間を創り出すには人生の秘密を探究する時間を最小限にすることです。人生をめいいっぱい楽しむのに、それをめいいっぱい
    理解している必要はありません。
    夕陽を楽しむヒマがないと思っているなら、ちょっと考え直す必要があります。手を休めて夕陽を楽しむのが、もっとも必要な時とは、そんな時間がない時です。

    幸せになるのを、先延ばしにするのは賢いことではありません。ようく考えてごらんなさい。
    偉大な創造主は、あなたに今日、8万6400秒をくださっています。今まで、そのどれだけを
    人生を楽しむために使いましたか?

    物質的・身体的安楽を必要としなければしないほど、自由になれる。仕事とか家とか、車とか、エゴとか、自分が執着しているものによって、牢屋に閉じ込められるのです。そういうものを手放せば、牢屋から出られます。

    何事も正しく使われてはじめて真価を発揮する。この事実は人間にも物にもあてはまる。だからこそ、自分の性格や価値観に合った仕事を選ぶべきだ。そうでないと、毎日8時間分の幸せをどぶに捨てることになる。

    何かの道を極めたければ、よそ見してはならない。偉大な業績を成し遂げるための、もっとも重要な法則だ。だがあまりに単純すぎて、誰でもつい忘れてしまう。
    自分にも他人にも、いいとか悪いとかの、モノサシを当てないことです。全てをあるがままに眺めて1日を過ごしてみませんか?

    性急な決断は、トラブルのもと。重要な決断は、できるだけゆっくりしましょう。時間をかければかけるほど、お金は浮くし、もっと効果的な解決法が見つかります。

    何か買おうと思ったら、まず考えましょう。それを買うのには何時間働かなければならないか。さて、その価値がありますか?

    1日8時間以上働くのは、人間にとって自然なことではないと肝に銘じておきましょう。週に40時間働くようになったのは、産業革命以降のことです。原始社会では(こちらの方が進歩した社会だと思いますが)1日に3〜4時間しか働いていませんでしたよ。

    どんなにイライラしても、絶対にかんしゃくは起こさないこと。誰かが自分を怒らせたと思ったら、相手にコントロールされていることになりますから。
    頑張れば将来が楽になる。でも、サボれば今が楽になる。

    人生はポーカーのようなものだ。エースを三枚持っていても、賢く使わなければ勝てない。

    人生はすべて自分の思いどおりになる。と想像してみよう。問題は、なぜ想像の世界にとどめておくのかという点だ。

    一般に人間の集中力は、30秒しか持続しない。

    1日中、世界と人々にニッコリして過ごしてみましょう。しかめっ面を作るには72の筋肉が必要ですが、笑う場合には14で済むそうですよ。

    大切なのは、自分が何をすべきか慎重に選ぶことだ。選択が誤っていれば、たとえどれほどの成果をあげようと、成功と幸せは手に入らない。

    臨終の際に多くの人が悔やむのは、自分がしてきたことではなく、してこなかったことだ。
    そのひとりになりたいのなら、自分の歌を唄うのをやめて世間の合唱に加わるといい。

    多くの人は自分にしかない発想力や脳の奥に眠っている智恵を活用せずに、他人のまねをしているに過ぎない。

    成功とは、人生におけるあらゆる幸せの瞬間から成りたっている。

    月並みな成功だけを目指していると、不満や失望の毎日から永遠に抜け出せない。
    月並みな成功を収めれば幸せになれると思い込むのは容易だ。だが、それは幻想にすぎない。大邸宅、海辺の別荘、二、三台の高級車、とびきり魅力的な伴侶、職場での高い地位といった月並みな成功は、大抵の場合、人生を複雑にするだけだ。

    幸せな人生より月並みな成功を手に入れるほうがたやすい。世間には神経を病んだ成功者が数えきれないほど存在する。そのなかに幸せな人間はひとりもいない。

    金が悪だと思う人は、あなたが悪に変えたのだ。金が問題だと思う人は、あなたが問題に変えたのだ。金が喜びだと思う人は、あなたが喜びに変えたのだ。自分の見方に責任を持たなくてはいけない。そして、すべては考え方しだいであって、それ以上でも以下でもないことを肝に命じるべきだ。

    たったひとつの思いつきがあなたの人生を劇的に変える。そのひとつを探すことだ。
    金儲けを人生の目的にしてはならない。有意義な人生を送ることを究極の目的にすべきだ。

    働くのは人の常。遊び暮らすのは神の業。

    過去の栄光に浸るのもいいし、希望に満ちた明日を語るのもいいが、今日を生きていることを忘れてはならない。

    控えめに生きよう。控えめに笑おう。控えめに愛そう。そうすれば、幸せが両手を広げてやってくる。

    少なくとも週に5日はゆっくりと朝食を楽しめなければ、成功者とは言えない。

    スポンサーサイト

    • 2013.10.24 Thursday
    • 16:39
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      selected entries

      recent comment

      search this site.

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM