スポンサーサイト

  • 2013.10.24 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    フコイダンって何?

    • 2013.07.03 Wednesday
    • 14:34
    フコイダン





    長い説明が〜 たらたら 早い話が ネバネバ成分ですね

    海藻類1000gから取れるフコイダンは1gですから希少価値ですね


    フコイダン(英語名:fucoidan)は、硫酸多糖の一種。

    コンブやワカメ(一部位であるメカブを含む)、 モズクなど研究の粘質物に多く含まれる食物繊維である。

    なお、類似の物質はナマコなどの動物からも見つかっている。

    主に L-フコース(多糖体)が α1-2、α1-4結合で数十から数十万個も繋がった化合物で、平均分子量は約200,000。

    グルクロン酸を含む U-フコイダン、
    硫酸化フコースだけからなる F-フコイダン、
    ガラクトースを含む G-フコイダンなどに分類される。

    L-フコースは、キノコ類(アガリクスなど)や他の多糖体(糖鎖)成分と違い、
    フコースに硫酸基が結合している。

    「褐藻類:かっそうるい」(モズク、メカブ、コンブ、アカモク、ウミトラノオ等ホンダワラ類等)に多く含まれ、
    わかりやすい表現手段として海藻のネバネバ成分と表現されることが多い。

    アカモクに関する研究などから、生殖器に多いとの報告もある。

    「フコダイン」と誤称されることもある。



    概要

    1913年、ウプサラ大学所属のスウェーデン人科学者 H・Z・キリン (H. Z. Kylin) によって発見され、
    ヒバマタ属の学名 genus Fucus にちなんで命名された。

    1970年代以降盛んに研究されるようになり、
    1996年の日本癌学会で制癌作用が報告されてから健康食品として注目を浴びるようになった。

    2002年にはフランスの科学者による研究で、
    F-フコイダンがウサギの細胞の過形成を抑制することが明らかとなった。

    フコイダンに関する研究論文は主として培養細胞または実験動物を使った基礎研究で、
    人間に対する臨床的な研究はほとんど発表されていない。

    癌細胞に対する効果のほか、炎症反応、免疫反応、脂質代謝、
    血管新生などに対する効果が研究されているが、
    いずれも実験室レベルの研究であり臨床研究ではない。

    また、ヒト臍帯血管(さいたいけっかん)の成長を抑制するという培養実験結果も発表されており
    妊婦への悪影響も実験レベルで示唆されている。

    効能として

    「肝機能を改善する」
    「血圧の上昇を抑える」
    「抗菌作用がある」
    「アレルギーを抑える」
    「コレステロールを下げる」
    「癌によい」

    など俗に言われる。

    しかし現在のところ、科学的・臨床的なデータはまだ不足しており、
    例えば次のようなものの解明が待たれる。

    フコイダンの色、味、匂い、比重はどうか。

    フコイダンが含まれている食品と、フコイダンの抽出方法。

    フコイダンが「加熱」「冷凍」「粉末」などの調理に耐えられるかどうか。
    このような高分子は分解されなければ吸収できない。
    それが、体内で再合成されるはずもない。
    分解された成分が分解前のフコイダンと同じ働きをするのか。

    健康食品として

    現在既に各社から昆布やモズクなどを原料に、様々な製品が発売されています。
    それらの製品は健康食品として販売されています。
    それらの製品の中には大学での基礎研究を実施し論文発表されているものもあります。
    また臨床においてもがんの補完代替療法として症例を集めその症例を発表しているものもあります。

    前述にあるように、フコイダンの学術的定義は「高分子多糖体」であり、
    低分子これは通常フコースとよばれ単糖であり、
    フコイダン特有の硫酸基結合された L-フコースが低分子ということは、
    科学的にも根拠がなく、また低分子フコイダンの表現は学術的には存在しない。
    しかしながら特に健康食品の販売差別化のため、
    販売目的で低分子フコイダン・超低分子フコイダン・ナノフコイダンなど、
    エビデンスに基づいた化学式や分子構造・分子量が明確にされないまま、
    多様な表現が使われている現状が存在する。

    研究

    基礎研究として、抗酸化作用、アポトーシス誘導による
    抗ガン作用、抗菌作用、皮膚創傷修復作用、胃粘膜保護作用、胃潰瘍治癒促進作用、
    血中コレステロール低下作用が報告されている。

    フコイダンについての主要文献

    一方、フコイダンはメカブなどの褐藻類から抽出されるが、
    褐藻類に多く含まれるヨードにもアポトーシス誘導による抗ガン作用があることが報告されており、
    フコイダンの作用とされる抗ガン作用は抽出時に混入したヨードの作用である可能性も残る。

    さらに、褐藻類の赤褐色した色素であるフコキサンチンの研究が各大学研究所などで行われている。
    フコキサンチンは低分子成分であり、
    フコキサンチンのアポトーシス誘導による抗ガン作用や
    腫瘍細胞の細胞周期G1期停止など数多くの報告がされている。
    フコイダンによる免疫賦活作用の報告はあるが、
    フコイダンのアポトーシス誘導による抗腫瘍作用の報告は明確ではない。
    アポトーシス誘導においては、
    カスパーゼという細胞にアポトーシスを起こさせるシグナル伝達経路を構成する一群の
    システインプロテアーゼが関与しており、
    細胞内の他のタンパク質を分解してアポトーシスを起こさせるカスパーゼ-3の活性化が必要不可欠である。
    カスパーゼ-3の活性化によるアポトーシス誘導(抗腫瘍・抗がん作用)においては、
    フコイダンではなく低分子成分であるフコキサンチンの文献に多く報告されている。

    スポンサーサイト

    • 2013.10.24 Thursday
    • 14:34
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      selected entries

      recent comment

      search this site.

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM