スポンサーサイト

  • 2013.10.24 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    良い事言いますね!

    • 2013.08.02 Friday
    • 16:39

    今日を愉しむ為に、
    今週の日曜日は、皆で海に行きませんか? と言ってる人が居ます

    お時間有る人は御立岬海水浴場に集合しましょう
    是非 あた誰を目撃しましょう!

    当日、ゆりAのV.C.O100購入したい方はあらかじめ
    水間社長までご連絡下されば現地でお引き渡しが可能です


    読むたびに心が救われる魔法の名言集!

    愚痴はやめましょう。エネルギーのムダです。時間をもっと建設的に使いませんか。世界のどこが間違っているかではなく、どこが素晴らしいかに焦点を合わせるのです。

    この瞬間には、昨日も楽しめないし、明日も楽しめません。だったら、今日を楽しもうではありませんか。

    古い思い出を大切にしましょう。でも、明日の糧となるような、今日の思い出を作ることも忘れずに。

    できるだけたくさん新しいことをやってみましょう。南カリフォルニア大学の研究者たちは、
    定期的に新しいことに手を出す人は、毎日同じことを繰り返す人よりも幸福度が高く「人生うまくいってる感」が強いことを明らかにしています。

    健康の専門家によれば、深呼吸ほど健康によいものはないそうです。朝、ちょっと手を休めて外に出て、5回ほど深呼吸をしてみませんか?

    目標が達成されるかどうかにこだわり過ぎたり、自分を仕事のみで評価したり、数量的な達成感で判断したりするのは、やめたほうが利口です。一日の終わりには、どのくらい自分がリラックスできて、笑えて、遊べたかで、その日を評価しましょう。
    欲張りすぎにご注意。昇進、モノの所有、お金、人気。欲張りすぎると執着となります。欲張りのしっぺ返しのひとつは、貴重な時間がなくなることです。

    幸せをもたらすのは、富でも輝きでもなく、心の安らぎと打ち込める仕事の存在だ。

    職業選択の際、世間の声に耳を貸してはいけない。自分の内なる声に耳を澄まそう。ここでの決断が、人生の満足度の三分の一を左右する。

    自分にとって真に意味のある仕事をしないかぎり、人は本当に生きたとは言えない。

    高額な給与が、かすんで見えるほど大きな目的を持つことが重要なのだ。

    大切な夢を見過ごしにするのは、今という時間を無駄にするだけではなく人生の最後の瞬間に
    失望と後悔を抱くことにつながりかねない。
    成功とは、どれだけ名声や富を得るかではありません。成功は、どれだけ平安や満足、健康や愛を、この地上で体験できるかで決まります。

    ムキになって競争しないように。人生を充実して生きている人は、人生を他の人たちとの競争だとは考えません。

    同じことを何度もやりながら、違う結果を期待するのは、狂気の定義です。やり方を変えましょう。

    社会の大勢に従わなければならないと、誰が言ったのですか?

    一日の終わりに、自分に尋ねてみましょう。「今日は、自分の人生をより完璧にするために
    何をしただろうか?」

    人生と呼ばれている、謎だらけで予測不可能のシロモノを楽しむ時間を創り出すには人生の秘密を探究する時間を最小限にすることです。人生をめいいっぱい楽しむのに、それをめいいっぱい
    理解している必要はありません。
    夕陽を楽しむヒマがないと思っているなら、ちょっと考え直す必要があります。手を休めて夕陽を楽しむのが、もっとも必要な時とは、そんな時間がない時です。

    幸せになるのを、先延ばしにするのは賢いことではありません。ようく考えてごらんなさい。
    偉大な創造主は、あなたに今日、8万6400秒をくださっています。今まで、そのどれだけを
    人生を楽しむために使いましたか?

    物質的・身体的安楽を必要としなければしないほど、自由になれる。仕事とか家とか、車とか、エゴとか、自分が執着しているものによって、牢屋に閉じ込められるのです。そういうものを手放せば、牢屋から出られます。

    何事も正しく使われてはじめて真価を発揮する。この事実は人間にも物にもあてはまる。だからこそ、自分の性格や価値観に合った仕事を選ぶべきだ。そうでないと、毎日8時間分の幸せをどぶに捨てることになる。

    何かの道を極めたければ、よそ見してはならない。偉大な業績を成し遂げるための、もっとも重要な法則だ。だがあまりに単純すぎて、誰でもつい忘れてしまう。
    自分にも他人にも、いいとか悪いとかの、モノサシを当てないことです。全てをあるがままに眺めて1日を過ごしてみませんか?

    性急な決断は、トラブルのもと。重要な決断は、できるだけゆっくりしましょう。時間をかければかけるほど、お金は浮くし、もっと効果的な解決法が見つかります。

    何か買おうと思ったら、まず考えましょう。それを買うのには何時間働かなければならないか。さて、その価値がありますか?

    1日8時間以上働くのは、人間にとって自然なことではないと肝に銘じておきましょう。週に40時間働くようになったのは、産業革命以降のことです。原始社会では(こちらの方が進歩した社会だと思いますが)1日に3〜4時間しか働いていませんでしたよ。

    どんなにイライラしても、絶対にかんしゃくは起こさないこと。誰かが自分を怒らせたと思ったら、相手にコントロールされていることになりますから。
    頑張れば将来が楽になる。でも、サボれば今が楽になる。

    人生はポーカーのようなものだ。エースを三枚持っていても、賢く使わなければ勝てない。

    人生はすべて自分の思いどおりになる。と想像してみよう。問題は、なぜ想像の世界にとどめておくのかという点だ。

    一般に人間の集中力は、30秒しか持続しない。

    1日中、世界と人々にニッコリして過ごしてみましょう。しかめっ面を作るには72の筋肉が必要ですが、笑う場合には14で済むそうですよ。

    大切なのは、自分が何をすべきか慎重に選ぶことだ。選択が誤っていれば、たとえどれほどの成果をあげようと、成功と幸せは手に入らない。

    臨終の際に多くの人が悔やむのは、自分がしてきたことではなく、してこなかったことだ。
    そのひとりになりたいのなら、自分の歌を唄うのをやめて世間の合唱に加わるといい。

    多くの人は自分にしかない発想力や脳の奥に眠っている智恵を活用せずに、他人のまねをしているに過ぎない。

    成功とは、人生におけるあらゆる幸せの瞬間から成りたっている。

    月並みな成功だけを目指していると、不満や失望の毎日から永遠に抜け出せない。
    月並みな成功を収めれば幸せになれると思い込むのは容易だ。だが、それは幻想にすぎない。大邸宅、海辺の別荘、二、三台の高級車、とびきり魅力的な伴侶、職場での高い地位といった月並みな成功は、大抵の場合、人生を複雑にするだけだ。

    幸せな人生より月並みな成功を手に入れるほうがたやすい。世間には神経を病んだ成功者が数えきれないほど存在する。そのなかに幸せな人間はひとりもいない。

    金が悪だと思う人は、あなたが悪に変えたのだ。金が問題だと思う人は、あなたが問題に変えたのだ。金が喜びだと思う人は、あなたが喜びに変えたのだ。自分の見方に責任を持たなくてはいけない。そして、すべては考え方しだいであって、それ以上でも以下でもないことを肝に命じるべきだ。

    たったひとつの思いつきがあなたの人生を劇的に変える。そのひとつを探すことだ。
    金儲けを人生の目的にしてはならない。有意義な人生を送ることを究極の目的にすべきだ。

    働くのは人の常。遊び暮らすのは神の業。

    過去の栄光に浸るのもいいし、希望に満ちた明日を語るのもいいが、今日を生きていることを忘れてはならない。

    控えめに生きよう。控えめに笑おう。控えめに愛そう。そうすれば、幸せが両手を広げてやってくる。

    少なくとも週に5日はゆっくりと朝食を楽しめなければ、成功者とは言えない。

    『 三浦和良 〜キングカズと呼ばれた男〜 』

    • 2013.07.30 Tuesday
    • 16:05

    ある新聞社にカズが養護学校の施設に1人で来て、
    度々障害者の子供たちと会っているとの情報が入ってきた。

    通常こういう施設に有名人が来る場合はマスコミに事前に知らされていて、
    カメラと一緒にパフォーマンスとしてするものなので、記者もこの情報には半信半疑。

    ただ同時にもしかしたらカズ自身に何かの秘密があるのでは?と
    スクープの可能性も感じ、情報の養護学校に向かった。

    3日ほど張り込んだだろうか
    場違いな高級スポーツカーが養護学校に横付けされた。

    中から出てきたのはカズこと三浦知良だった。
    記者はかたずをのんでカズが何を目的に来ているのか見守っていた。
    もちろん他にマスコミの姿は見当たらない。

    やがてジャージに着替えたカズが障害者の子供たちと
    サッカーボールを持って中庭に出てきた。
    子供たちの中には満足に歩けないような重度の障害がある子もいた。

    しかしその子供たちの目は真剣そのもので倒れても起き上がっては泥だらけになってボールを追いかけている。
    いつしか記者のカメラはカズではなく障害者の子供たちに向けられていた。

    やがて時間が過ぎてカズと子供たちは施設の中に入っていった。
    着替えを終え施設を出ようとするカズに子供たちは全員で手を振っている。

    そしてカズはこう言った「今日もみんなありがとー!」記者は耳を疑った。
    なぜならカズの方がお礼を言っていたからだ。

    高級スポーツカーに乗り込み施設を出ようとするカズに
    急いで記者は駆け寄って少し意地悪な口調でこう質問してみた。


    「カズさん○×新聞ですけど、こういう施設にきて子供たちとサッカーをしてあげているというのはやはり好感度とか人気取りなんでしょうか?」

    突然記者が飛び出してきたので少し驚きながらもカズはこう答えた。

    「僕が彼らに何かをしてあげてるって?逆に僕が何かをもらっているようには見えなかったかい?」

    そう言い残してカズはスポーツカーを走らせて帰って行った。

    記者は職業柄意地悪な質問をした事をすぐに後悔する事になった。

    なぜなら自分が撮影したカメラにはカズの姿は殆ど映っておらず、その殆どが泥だらけになりながらも、倒れながらもボールに向かっていく障害者の子供たちの姿だったのだから。

    掲載元:【深イイ話】心が震える感動する話

    彼の夢は 「大人になること」

    • 2013.07.26 Friday
    • 12:01


    「夢の時」を過ごせていることに感謝ですね。
    「夢の時間」


    大人であること

    それ自体が

    夢を生きていること

    気づいていますか?



    小児がん病棟に

    一人の男の子がいました。

    彼の名はしゅんくん。


    彼の脳の腫瘍は手術できないものでした。


    でも彼はいつも

    看病してくれる人たちに

    明るくふるまっていました。


    病状が進行したある日、

    彼は斜視になっていました。


    そのことに気づかせないように、

    お母さんや看護師さんは

    必死に鏡を隠して、

    夜になると、

    窓が鏡の代わりになるので、

    カーテンをしめていました。


    ある日、

    そんな事情を知らない

    一人の新米看護師さんがやってきました。


    彼女の胸ポケットに手鏡があることに気づいたしゅんくんは、

    「その鏡貸して!」といいました。


    鏡を見たしゅんくんは、

    変わってしまった自分の顔を見て、

    泣くこともなく一言いいました。


    「僕が鏡で顔を見たこと、

    お母さんには黙っててね。

    きっと悲しむから。」


    そんな心優しいしゅんくんが、

    一度だけ我がままを言いました。


    亡くなる2日前のことでした。


    「僕は大人になりたいよ」

    そう周りの人に訴えたのです。


    周りの人たちは慌てて

    「何言ってるの?

    なれるに決まってるよ!」

    その姿を見て、

    大人たちの姿を見て

    しゅんくんは口をつぐんでしまったのです。


    彼の夢は

    「大人になること」


    大人の私たちは今、

    彼が夢見て果たせなかった

    そんな「夢の時」を

    生きているのです。


    「仕事がなくて死にたい」

    そんな状態だったとしても、

    彼が生きていたらきっと、

    笑って、「大丈夫」って思ったでしょう。


    「失恋して死にたい」

    そんな状況でも、

    彼だったら、

    その失恋を笑ってやり過ごしたでしょう。


    彼の夢は

    「大人になること」

    それが叶っているのだから。


    私たち大人は今、

    「夢の時」を生きています。


    だから、

    たとえ辛いことがあったとしても、

    「夢の時」を

    生きていきたい。


    -----------------------------------------


    当たり前の様に、大人になり、

    当たり前の様に、日々の生活を送っています。

    でも、こんな当たり前のことも、しゅんくんには、叶わない夢だったんですね。

    でも、私は叶えている。

    これからは、当たり前に思いがちな日々の暮らしを少しでも感謝して生きていければと思いましたね。






    良かったら、シェアをお願いします。

    掲載元:涙腺崩壊3秒前 〜思わず涙する感動秘話〜 shared 涙が止まらない's photo.

    天国から届いたランドセル

    • 2013.07.24 Wednesday
    • 15:41
    純粋な心に感動したのでシェア〜します


    幼くして父親を亡くした女の子が、
    小学校に入学するころのことでした。

    周りの子はみんな、親から買ってもらっ
    た赤いランドセルを背負って通学してい
    ました。

    しかし、その子の家庭は幼くして、父親
    を亡くし母子家庭でしたから、

    ランドセルを買ってもらえるほどの余裕
    がなかったそうです。

    もちろん、家に余裕の無いことがわかっ
    ていたその子は、

    ランドセルがほしくても母親にねだるこ
    とはできません。

    子どもながらに、それはお母さんを困ら
    せてしまうことだとわかっていたからです。

    でも、毎日友達と通学していると、どう
    しても自分もあの赤いランドセルがほし
    くてほしくてたまらなくなります。

    通学路にあるお店のショーウィンドーに
    飾ってある、新品でピカピカの赤いラン
    ドセルをいつも眺めていたそうです。

    そんなある時、彼女は考えました。

    「お母さんに迷惑をかけるわけには行か
    ない。でも、私もあの赤いランドセルが
    ほしい……。

    そうだ、お父さんにお願いしてみよう!!

    きっとお父さんなら私の願いを叶えてく
    れるにちがいない!!」

    そう思った彼女は、天国にいるお父さん
    に手紙を書くことにしました。

    まだ、習いたてのひらがなで、一生懸命
    にお父さん宛にハガキをかきました。

    「てんごくの おとうさんへわたしは、
    ことししょうがくせいになりました。

    べんきょうもがんばっています。

    いっぱいがんばって、おかあさんをたす
    けようとおもいます。

    だから、おとうさんにおねがいがあります。

    わたしに、あかいランドセルをください。

    いっぱい、いっぱい、べんきょうして、がんばるから。

    いいこにしているから。

    おねがいします 」


    もちろん、天国へのハガキです。

    宛名は“天国のお父さんへ”と書いてポ
    ストに投函したそうです。

    そのハガキを集配し、郵便局の職員の方
    がそのハガキを見つけます。

    宛名は天国……。

    ハガキの表には、幼い彼女が一生懸命に
    書いたあの文章……。

    いつものように差出人不明で送り返すわ
    けにも行かず、このハガキを手に取った
    職員がどうしたらいいんだろうと仲間の
    職員の方に相談したそうです。

    「ねぇ、見て、このハガキ……。
     どうしたらいいだろうかぁ……。
     送り返すにはあまりにも残酷だよね」

    「う〜ん……。そしたら、僕たちがこの 
    子の天国のお父さんになろうよ」

    「えっ、どうやって」

    「仲間みんなにお願いしてさぁ、
     ちょっとづつお金を出し合って、
     ランドセルを買ってあげようよ!」

    そして、郵便局の職員のみんなで、
    ちょっとづつお金を出し合い、

    真っ赤なピカピカのランドセルを買うこ
    とにしました。

    そしてそのランドセルを小包にいれ、そ
    の郵便局の中で一番字の上手い人が代表
    して、お父さんのメッセージを書いて、
    その子の家に送ったそうです。

    「○○ちゃん、お手紙ありがとう。
     お父さん、とってもうれしかったよ。

     いつも頑張っているのを天国から見て
     いるからね。

     これからも、優しい人になってね。
     そして、お母さんを助けてあげようね。

     天国からいつも○○ちゃんのことを応
     援しているよ。

     ちょっと遅くなったけど、ランドセル 贈るね!!」

    数日後、ランドセルとメッセージの入っ
    た小包が女の子のところに届きます。

    その女の子は飛び跳ねるように喜び、
    お父さんからランドセルをもらったと、
    はしゃいでいたそうです。

    そして、数年後この話を作文に書き、
    全国のコンクールで入賞したそうです。


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    無垢な少女の想いを大切にして、

    願いを叶えてあげた郵便局員さんに

    感動しました。

    女の子にとって、この赤いランドセルは

    一生の宝物になったでしょうね。

    人の優しさにはいつも心を動かされます。

    優しい気持ちになれない時もありますが、

    この気持ちは忘れないでいたいなって

    思います。

    そうだなって共感できましたら、

    シェアお願いします。

    親父の話 「男の口約束」

    • 2013.07.23 Tuesday
    • 12:17


    高校1年の夏休み、両親から「大事な話がある。」と居間に呼び出されたんだ。
    親父が癌で、もう手術では治りきらない状態であると。
    暑さとショックで、頭がボーっとしてて、変な汗が出たのを憶えている。

    当時、うちは商売をしていて、借金も沢山あった。
    親父が死んだら、高校に通えるわけがないことは明白だった。
    そして俺はお世辞にも優秀とはいえなかった。クラスでも下位5番には入ってしまう成績だった。

    その夏から、親父は、抗がん剤治療を開始し、入退院を繰り返していった。
    メタボ体型だった親父が、みるみる痩せこけていった。
    母親の話では、主治医の見立てでは、もって1-2年だろう、ということだった。
    ただ、親父は弱音を吐くことはなかった。
    親父は「高校、大学はなんとかしてやるから、しっかり勉強しろよ」って言ってたよ。
    仕事もやりながら、闘病生活を続けていた。

    俺といえば、目標も特になく、高校中退が頭にチラついて勉強は進まなかった。
    ただ、ボーっと机に向かって、勉強するフリだけはしていた。
    せめて親父を安心させるためだったと思う。

    だから、その後の成績も、とても期待に添えるものではなかった。
    ただ、親父の「高校、大学はなんとかしてやる」の言葉が、重かった。

    「おまえ、将来、何かやりたいことはないのか?」
    高校2年の冬、痩せこけた親父に問いかけられた。
    俺は、期末テストで学年ビリから2番をとり、担任からも進路について厳しい話をされていた。
    言葉もない俺に、怒ったような泣いたような顔で親父は言った。
    「・・・ないなら、、医者になれ! ・・・勉強して、医者になって、おれの病気を治してくれ!」

    上手く説明できない熱い感情に、頭をガツンと打たれた。
    自分への情けなさとか、怒りとか、色々混じったものが込み上げた。
    その時、親父には返事を返すことはできなかったが、俺は決意した。
    それから、猛烈に我武者羅に勉強した。

    高校3年の夏、親父は逝った。
    親父は、闘病生活の2年間で借金を整理し、俺の高校の学費をなんとか工面したそうだ。
    親父のおかげで、高校卒業できた。
    そしてありがたいことに、1年間の浪人生活を経て、俺は地方の国立大学の医学部に合格した。

    俺は今、癌専門治療医として働いている。
    親父は、「あいつは、将来おれの病気を治してくれるんだ」と母に言ってたそうだ。
    まだ、親父の癌を治す力はないが、日夜頑張っているよ。
    いつか、親父の癌を治せるように。



    がんが発見されて入院待ちの方は、少しでも進行を抑え治療に耐えられる体力をつけるために
    抗がん剤や放射線治療中の方は、その副作用を抑えるために
    末期の方は、少しでも進行を遅らせるために
    すぐにフコイダン療法を始められます。

    掲載元:涙腺崩壊 – 泣ける話・感動する話

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM